山口市大内矢田南のなら、てる歯科クリニック

電話予約
WEB予約

小児歯科

小児歯科 childs

歯を守るには子どもの頃から適切なケアを

こんなお悩みがある方は、当院までご相談ください

子どもにむし歯ができた
子どもの歯で気になることがある
正しいブラッシングを身に付けさせたい

小児歯科とは?

子どもの歯(乳歯)はいずれ生え変わるとはいえ、むし歯をそのままにしておくとその後に生える大人の歯(永久歯)もむし歯になりやすくなるうえ、歯並びや顎の成長にも悪い影響を与えることがあります。
むし歯の治療をしっかり行うことはもちろん、再発しないようにケアを継続的に行い、子どものうちから予防の習慣を身に付けていくことが大切です。

子どものむし歯を防ぐためには

歯医者さんデビューは生後6ヶ月を目安に

生後間もない赤ちゃんのお口には、むし歯菌は存在しません。 むし歯菌への感染は、離乳食が始まる頃の母子感染や、お口のケアが行き届かずに感染するケースがほとんどです。
子どものむし歯にかかるリスクを下げるには、むし歯菌をお口の中に発生させる時期をできるだけ遅らせること、歯科医院に通う習慣を早めにつくることが大切です。
赤ちゃんの歯科医院デビューは生後約6か月、前歯が生え始めたくらいがおすすめです。このころの赤ちゃんは人見知りも少なく、歯科医院の雰囲気にも慣れやすい月齢なので、赤ちゃんもママもストレスを感じることなく来院できる良い時期だといえます。

子どものむし歯を防ぐには毎日の習慣が大切です

1.毎日の食事回数・時間を

きちんと決めましょう

食べ物がお口の中にある状態が長く続くと、お口の中が酸性に変化して歯の表面が溶け出し、そのままにしておくと、むし歯へと進行していきます。そのため、食事の回数と時間をきちんと決めることが大切です。

2.甘い物の「量」や「質」に

注意しましょう

むし歯菌の活動源は、食べ物に含まれる「糖分」です。とくにチョコレートなど砂糖を使ったお菓子や甘いジュースを口にする機会が多いほどむし歯になるリスクも高まるので、甘い物はなるべく控えましょう。フルーツやさつまいもなどの自然の甘味やキシリトール配合のお菓子を選ぶこともリスク軽減につながります。

3.毎食後、30分経ったら

歯を磨きましょう

食事を終えてすぐは、お口の中が酸化して歯の表面が溶けやすい状態です。そのため食後すぐに歯磨きをすると、歯のエナメル質を傷つけてしまう恐れがあるので、歯磨きは食べ終えてから30分経過してからがおすすめのタイミングです。乳幼児は自分ではきちんと歯を磨けませんので、ご家族の方の「仕上げ磨き」をするようにしましょう。

子どものむし歯の特徴

子どもの歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)よりも柔らかく、歯の表面には数多くの小さな穴が開いています。そのためむし歯になりやすく、進行も早いという特徴があります。
乳歯のむし歯は、その後に生える永久歯が正しく生えてこない、顎の変形・発達が遅れる、精神的に不安定になるなどの悪影響を及ぼすことがあります。
ただし適切なケアを行えば、むし歯を防ぐことは可能です。お子さまの健やかな成長のため、お子さまとご家族でむし歯予防にしっかり取り組んでいきましょう。

むし歯ができる前に歯医者さんに通いましょう

むし歯になると、お子さまは、「歯医者さんに行くともっと痛いことや怖いことをされてしまうかも……」と恐怖でいっぱいになります。
そんな「歯医者さん嫌い」になって治療の機会を失わないためにも、まずはむし歯にならないうちから、歯科医院で「予防ケア」を受けていただくことが大切です。痛くも怖くもない「予防ケア」なら、たいていのお子さまが嫌がらずに取り組むことができます。
最初は少し緊張するかもしれませんが、帰りは笑顔でバイバイできるよう、当院ではお子さまの気持ちに寄り添った診療を心がけています。