IMPLANT インプラント

しっかり噛める歯で
快適な生活を

次のようなご要望や症状のある方は、当院までご相談ください

  • 自分の歯のようにしっかりと噛みたい
  • 自然な見た目に仕上げたい
  • 健康な歯に負担をかけたくない
  • 入れ歯や差し歯が使いにくい

インプラントとは(自由診療)

インプラント治療は、歯を失った部分に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工歯を装着する方法です。自然な見た目で、顎の骨に直接固定するため、入れ歯よりもしっかりと噛むことができ、食事や会話も快適に行えます。ブリッジのように隣接する健康な歯を削る必要もありません。自分の歯のように、自然な噛み心地と見た目を再現したいという方におすすめです。
※自由診療です。
※治療後は、定期的なメンテナンスが必要です。
※治療の簡単な流れ:顎の骨に人工歯根を埋め込み、顎の骨と結合してから人工歯を装着します。

入れ歯・ブリッジとの
比較

入れ歯 ブリッジ インプラント
見た目 保険診療の入れ歯は金属のバネや樹脂の部分が厚く目立ちます。 保険診療のブリッジは金属の色が目立ちます。 セラミック素材などの人工歯を装着することにより、自然な見た目となります。
噛む力 噛む力は天然歯の半分以下です。ズレやすく、噛みにくいこともあります。 入れ歯よりは噛みやすいですが、硬いものは噛みにくいことがあります。 顎の骨に埋め込んでいるので、天然歯に近い力で噛むことができます。
健康な歯への負担 部分入れ歯は金具で固定する隣の歯に負担がかかり、歯の寿命が縮むことがあります。 隣の歯を削ってブリッジをかける土台にするため、健康な歯を傷つけることになります。 失った歯の部分の顎の骨に固定するので、周りの歯や歯ぐきを傷つけることはありません。

※左にスクロールしてご覧ください。

インプラントのメリット

天然歯に近い噛み心地

  • 天然歯に近い噛み心地が得られる
  • 周りの歯や歯ぐきを傷つけることがない
  • 自分の歯と同じように、歯磨きやケアを行える
  • 定期的なメンテナンスにより、半永久的な使用が可能

天然歯に近い自然な見た目

  • 入れ歯のように金属のバネや樹脂が目立たない
  • セラミック素材を使用することで、天然歯と同じような色や質感を再現可能

インプラントの
デメリット

適応となる症例が限られる

  • 顎の骨の量が十分にないとインプラントを埋め込むことができない
    (骨の移植や再生治療により、顎の骨の量を増やして手術を行える場合もある)
  • 外科手術が必要なため、持病によって受けられないこともある

治療期間が長期にわたる

  • 顎の骨にインプラントを埋め込む外科的な手術が必要
  • 術後はインプラントと骨が結合するまで3~6ヶ月間必要
  • 治療後はメンテナンスのために数ヶ月に1度の定期的な通院が欠かせない

治療費用がかかる

  • 保険適用外のため、保険診療の入れ歯やブリッジに比べると費用がかかる
    (一時的な費用は高くなるが、長期間の使用が可能)

インプラント治療の流れ

メンテナンス の重要性

術後のインプラント周囲炎やお口のトラブルの予防と早期発見のためにはメンテナンスが重要です。

インプラント周囲炎

術後に高い頻度でみられるのは「インプラント周囲炎」です。
インプラント周囲炎では歯周病と同じように、人工歯と歯ぐきの間に歯垢が溜まり、歯ぐきが炎症を起こします。適切に治療を行わなければ、インプラントを支える歯槽骨が溶かされ、抜け落ちてしまうこともあります。

そのほかのトラブル

インプラント治療により、かみ合わせのバランスが変化すると、人工歯が割れたり欠けたりすることがあります。定期検診での早期発見・早期治療が大切です。