山口市大内矢田南のなら、てる歯科クリニック

電話予約
WEB予約

お知らせ

お知らせ INFORMATION

コラム

乳歯のむし歯がもたらす発育への悪影響

皆さんこんにちは。

てる歯科クリニックです。

子どものむし歯は放置してはいけない、というお話はよく耳にすることかと思います。

そのうち永久歯と生え変わるからと軽視してしまうと、歯やお口、顎の骨の発育に悪影響が及ぶことがあるからです。

ここではそんな乳歯のむし歯がもたらす発育への悪影響をわかりやすく解説します。

永久歯の発育が妨げられる

乳歯のむし歯が重症化すると、永久歯の発育不全が生じることがあります。

具体的には「ターナー歯」と呼ばれるエナメル質の形成不全で、歯が白く変色したり、異常な形態を呈したりすることがあるのです。

また、生えてくる前から永久歯がむし歯になってしまうこともありますので十分注意しましょう。

永久歯の歯並びが悪くなる

むし歯が進行すると、最終的には歯を失うことになりますよね。

それは子どもの歯である乳歯も例外ではありません。

しかも、乳歯というのはむし歯にかかりやすいだけではなく、むし歯の進行も早いことから、抜歯が適応されるケースも珍しくないのです。

その結果、乳歯を早い段階で失って歯列内にすき間が生じることとなります。

歯は歯列内にすき間があると、それを埋めようと移動する特性があることから、永久歯が生えてくるためのスペースまで塞がってしまうことがあります。

そうして永久歯の歯並びの異常が進んでいくのです。

あごの発育が不十分になる

乳歯のむし歯によって、そしゃく能力が低下すると、やわらかいものばかり好んで食べるようになります。

すると、顎の発育が不十分となり、さらには十分な栄養が摂取できないことから全身の発育まで妨げられることとなるのです。

まとめ

このように、乳歯のむし歯を放置すると、お口周りだけではなく、全身の発育まで阻害されかねません。

それだけに子どものむし歯は、できるだけ早い段階で治療を開始することが大切です。

当院なら、むし歯の早期発見・早期治療はもちろんのこと、むし歯の予防をお手伝いすることもできます。