山口市大内矢田南のなら、てる歯科クリニック

電話予約
WEB予約

お知らせ

お知らせ INFORMATION

コラム

健康な歯を育むための食習慣について

皆さんこんにちは。

てる歯科クリニックです。

健康な歯を育むためには、正しい食習慣を身に付ける必要があります

それはお子さま自身では実現することが困難なので、親御さまがしっかりサポートしてあげることが重要です。

そこで今回は、お子さまの歯を健康に育むための食習慣について、3つのポイントをご紹介します。

食事の回数や時間を管理する

食事の回数や時間というのは、多ければ多いほど、むし歯のリスクが上昇します。

何かを口にした時点で、口腔内は不潔な状態になるからです。

そこで重要なのが食事の回数や時間をきちんと決めることです。

お子さまは成長期なので、放っておくとおやつなどを必要以上に摂取してしまいます。

ダラダラと食事をする習慣もお口の健康によくありませんので、親御さまがしっかり管理してあげましょう。

砂糖の摂取量に注意する

食事の回数や時間を管理しても、砂糖の摂取量が多いと、むし歯の活動が活発化してしまいます。

お子さまが好きなジュースやお菓子には、驚くほどたくさんの砂糖が使われていることから、その摂取量には十分注意する必要があります。

ただ、おやつを食べることは、正常な成長を促す上で重要なことでもあるので、摂取すること自体は悪いことではありません。

気を付けるべきなのは、むし歯菌のエサとなる砂糖(スクロース)の量です。

同じように甘くてもむし歯菌のエサとならないキシリトールやエリスリトールなら、むし歯のリスクも軽減します。

そうした代用甘味料も積極的に活用していきましょう。

食後の歯磨きを習慣化する

これは食習慣とは直接関係のあるものではありませんが、食後の歯磨きを習慣化することもむし歯予防には重要です。

朝昼晩の3度の食事以外でも、何かを口に含んだ際には、かならずお口をきれいにしましょう

歯磨きが難しい時は、うがいするだけでも大丈夫です。

まとめ

このように、お子さまの歯を健康に発育させるためには、毎日の食事の回数や時間、内容などに気を配る必要があります。

そうした正しい食習慣を身に付ければ、大人になってからもむし歯に悩まされることはありませんよ。