山口市大内矢田南のなら、てる歯科クリニック

電話予約
WEB予約

お知らせ

お知らせ INFORMATION

コラム

歯磨きにフロスをプラス!健口(けんこう)づくりの効果アップ

こんにちは。
 
山口市の歯医者「てる歯科クリニック」です。
 
 
むし歯予防や歯周病予防は、お口の健康「健口(けんこう)」のために大切です。
 
お口が健康であれば、全身の健康にもつながっていくからです。
 
その第一歩として、歯磨きは予防に必要不可欠
 
けれども、ただ「磨いている」だけでは完璧な予防とはいえません。
 
「磨けている」かどうかが大切なのです。
 
どうすれば、「磨いている」​から​「磨けている」に進化することができるでしょうか。
 
今回は、歯磨きのレベルをアップさせるための方法をお話ししていきます。
 
 

デンタルフロスや歯間ブラシを活用しましょう

歯磨きの時に、歯ブラシだけしか使っていない方は多いと思います。
 
しかし、それではどんなにがんばって磨いたとしても6割程度しか汚れは落とせていないのです。
 
のこりの4割のうちの2割程度は、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助清掃用具の使用で落としていきます。
 
歯磨きは習慣です。
 
今まで使い慣れていないものを使い始めると、だんだんと面倒になりやがて使うことをやめてしまう人もいます。
 
1日3回が理想ですが、まずは寝る前の歯磨きに、デンタルフロスや歯間ブラシ使い始めることをおすすめします。
 
寝ている間にお口の中の細菌は増殖していきますので、寝る前の歯磨きでどれだけ磨き残しを少なくするかが大切になります。
 
寝る前の歯磨きで、デンタルフロスや歯間ブラシを使うことが習慣化してきたら昼や朝など、使用頻度を増やしていきましょう。
 
 

自分のお口に合ったものを使いましょう

お口の大きさや歯並びに個人差があるように、歯ブラシや歯間ブラシにも色々な大きさや形があります。
 
自分に合ったものを使用することで、プラーク(歯垢)の除去率が変わってきますし、磨く時間も短縮できる可能性もあります。
 
では、どんなものが合っているのでしょうか。
 
自分で選んだり磨いたりすると自己流になりがちです。
 
歯科医院で歯科医師や歯科衛生士の専門家にみてもらい、指導をうけましょう。
 
そして、自宅での歯磨きでは落としきれない残り2割程度の磨き残しは、歯科医院のクリーニングできれいに落とし、健康なお口をつくりましょう。
 
 
適切なアイテムの選び方については、ご相談ください。お一人おひとりにあった歯ブラシやデンタルフロスをご提案します。
 
わたしたちと一緒に、将来のお口の健康を守っていきましょう。
 
お口のことで気になることがありましたら、どうぞご相談ください。